特徴紹介


診療内容

ペインクリニックとはさまざまな痛みの治療を専門とするクリニックです。
なかでも以下に挙げる症状・疾患を対象とすることが多いです。

 

【腰痛・足の痛み】
変形性腰椎症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、急性腰痛(ぎっくり腰)、変形性膝関節症など。

 

【首・肩・腕の痛み】
変形性頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア、頚部脊柱管狭窄症、急性疼痛性頚部拘縮(寝違え)、頚肩腕症候群、肩関節周囲炎など。

 

【ヘルペスの痛み】
帯状疱疹痛、帯状疱疹後神経痛。

 

【頭痛・顔面の痛み】
偏頭痛、群発頭痛、緊張型頭痛、三叉神経痛など。

 

【手足の冷え・血行障害】
閉塞性動脈硬化症、バージャー病など。

 

上記のほかにもがんによる痛みなども対象となりますが、以下の方法を組み合わせて適切な治療法を行います。

神経ブロック療法

痛みの原因となっている神経もしくは神経の近くに局所麻酔薬などを注入することで、痛みによる神経や筋肉の緊張を取り除き血流を改善させ発痛物質を洗い流し、自律神経のバランスを整えます。
ペインクリニックで施行される代表的な硬膜外ブロック、神経根ブロック、星状神経節ブロックほか様々な神経ブロックを超音波ガイド下やレントゲン透視下に迅速かつ正確に施行します。
※血をさらさらにする薬を内服中の患者さんは、お薬を一旦中止する必要がありますので、診察時にご相談ください。

薬物療法

神経ブロック療法の補助的手段として、もしくは神経ブロックをするまでではない方に対して、鎮痛薬や鎮痛補助薬などを用いた薬物療法を行っています。鎮痛薬の知識が豊富な麻酔科医が、患者さんの状態に合わせて薬の種類・量を調整します。ご高齢の患者さんで鎮痛薬による副作用のため内服継続が難しい方にも漢方薬などを調整して処方します。
※以前お薬を飲んで副作用で困ったなど、診察時にご相談ください。

近赤外線照射療法

患部の血流改善、筋肉のこわばりや緊張を緩和することで痛みを和らげる目的で近赤外線レーザー照射も使用します。また星状神経節周辺に照射することで自律神経のバランスを整えます。






↑ ページTOPへ

↑ ページTOPへ